DLNA対応する予定のルームリンクVGP-MR100


今日は、新ルームリンクVGP-MR100の発売日。
あまりにも長らくモデルチェンジしなかったルームリンクもようやく新型。

やっと、動画再生が以前みたいに「GigaPocket」で録画したものだけという閉鎖的な状態から、いろんな形式のファイル(MPEG2・MPEG1・WMV・AVI)が再生できるようになった。

IO-DATAとかBuffaloでは前々から当然のようにできてたんだけどね。
やっぱりVAIO(SONY)ブランドで出来るほうがいいでしょー。

-----------------
早速中身をチェック。

入ってるものはー、
ルームリンク本体、専用リモコン、ACアダプター、単3乾電池×2、AVケーブル(1.5m)、ネットワークケーブル(ストレート5m)、クロス変換ケーブル(1m)、ユーティリティCD-ROM


本体はいたってシンプルで、ブラック&オフホワイトのツートン。
思ったよりもちっちゃいなと。
横置きが前提みたいだけど、縦置きができるスタンドも同梱して欲しかった。


背面端子は、
100BASEのLAN端子x1、
S端子×1、ビデオ出力(黄・白・赤)×1、D端子×1)、
光デジタル出力×1 。
前モデルと変わったのは、D端子が増えた事。


リモコンは比較的シンプル構成。
テレビ付きVAIOのリモコンと非常に似てて、再生・早送り・巻き戻し、上下左右決定ボタン、戻る、ツールなどの操作系ボタンが中央に集まってる。

-----------------
今はいろんなモノとつないでいろいろ実験中ーなので、
時間があったらココにアップするか、HPに特集でも作ってみようかな?
(時間があれば・・・)

ちなみにVGP-MR100の値段は、ソニスタ価格24,799円(税込)。
前モデルと据置の価格だけど、「DLNAガイドライン」に対応予定という事を考えればチョット得した気分かもしれない。
でも、VAIO以外に母体となるDLS側(いわゆるサーバー側ね)が存在してないから、その辺も早く出てきて欲しい・・・

LINEで送る
Pocket